拡張子主導型ランチャー『ExtLauncher』2017年07月21日 00:00

ExtLauncher
ダウンロードはこちら。

拡張子に関連付けて使うプログラムランチャーです。
例えばhtmlに関連付けて起動し、
ブラウザかメモ帳を目的に合わせて起動する、
という使い方が考えられます。

コメント

_ KQus ― 2018年04月28日 17:20

KrKさん、初めまして。
一昨夜、このソフトを知ってから、いろいろ設定して興じておりました。
たいへん有用なソフトウェアをありがとうございます。
お陰様で、私の使っているファイラーのランチャーが実にすっきりして感動しております。

いくつか気づいたことが申し述べます。
・実行ファイルExtLauncherをリネームすると、対応するINIファイルの名前もそれに連動して変わる。
 具体的には、ExtL編集.exeとリネームするとExtL編集.INIに拠って起動するようになる。
 私は、このようにしてExtL閲覧.exe、ExtL編集.exe、ExtL他.exeなどをつくってファイラーから利用しております。
 ExtL閲覧.exeから、他のExtLauncher(ExtL編集.exe、ExtL他.exeなど)を呼ぶこともできます。
 つまり、このソフトに登録できるソフトは事実上無制限だということです。
・行頭に「;」を書くとコメントアウトできる。
 登録ソフトについての注釈を書き込んでおくことができます。
 また、実に適当にソフトを登録することもできます。ダメだったら「;」を付けとけばいいのです。

欲を言えば、未登録拡張子に対して、起動するソフトが指定できたらな、と思います。
つまり、INIに書いてある[.htm][.txt][.jpg]...などに該当しない場合に、起動するソフトが指定できれば便利だと思います。
いかがでしょう?

_ KQus ― 2018年04月30日 12:26

すみません。先日書き込んだKQusです。
前の書き込みの「欲を言えば~」以降は無視してください。
私の方に重大な誤解がありました。
今のままの方が便利です。

_ KrK ― 2018年05月02日 21:30

KQus様
書き込みありがとうございます。返信遅れました。

ExtLauncherからExtLauncherを起動しますか!
正直想定外でした。
たしかにそれなら無制限に登録できますね。

ini名をexeに合わせるのは、はっきり言って「一応」搭載したのですが、
搭載してよかったです。

それ以外にも機能要望があれば、できるかぎり搭載しようと思いますので、
ご意見お待ちしております!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このblogのタイトルの頭3文字を半角で入力してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://krk.asablo.jp/blog/2017/07/21/8625668/tb