萌えの本質は「じらし」2012年09月02日 18:54

 萌えの本質は「じらし」にあると思う。
 萌えという言葉が定着する前から、「可愛い女の子」の登場する漫画は存在した。その中でも少年漫画では「サービスシーン」が盛り込まれていたし、少女が性対象の成年向け漫画すらあった。しかし、その初期に萌えの対象になったのは、少女向け漫画や子供向けアニメの登場人物であった。これは、諸説あるその由来のうち有力なのが少女漫画『太陽にスマッシュ』の主人公「高津萌」だったり、教育テレビアニメ『恐竜惑星」の主人公「鷺沢萌」だったりすることからも裏付けられる。
 無論、少女漫画や子供向けアニメに「サービスシーン」は無い。可愛い行動で媚びを売ることすらない。そこにあえて目を付ける事が萌えの新しい概念であったと記憶している。可愛さを全面に出した漫画に対し、「それは萌えじゃねーよ。」というツッコミをよく見たものである。「本当は可愛いんだろうな」という気持ちを楽しむのが萌えであった。
 これは、PostPet開発のきっかけになった、吉田戦車の「やらずにすむゲームはないかな?」の思想につながると思う。ゲーマーでない方の中にはゲームは発売までが一番楽しいという人も多いと思う。「プレイしたら楽しいんだろうな」という、その期待感を胸に秘めている間が楽しいのである。萌えに置き換えると「この子の媚びたシーンがあったら、さぞかし可愛いのだろうな」という期待感である。アインシュタインの言葉を借りれば「空想は知識よりも重要である。知識には限界がある、空想は世界を包み込む。」という事である。
 最近はあからさまなサービスシーンではなく、普通の行為によって可愛いさを想像させるテクニックが発達している。また「属性」という名の、「これさえ描けば想像が広がる」というキーも整理されている。門外漢の人が見れば普通の話でも、萌えにとりつかれた人が見ると、妄想をみゅんみゅん引き延ばされるのである。その妄想は2次創作という形で表現されることもあるが、基本的には「普通の話」あってこその妄想となる。萌えが流行し、絵柄は明らかに萌え系の成年向け漫画が量産されても、パンチラすらない萌え漫画が強く指示されるのは、このためではないであろうか。
 …とか色々書いたが、最近は萌えが氾濫し、「まっとうに可愛いもの」も萌えの範疇に入ってしまっている気もする。で、言葉は変わっていくものですが、その本質は変わらないのではないかと思います。

エスパー魔美の日常性2012年03月18日 17:56

 ファンの間では『エスパー魔美』は『パーマン』から始まる「庶民ヒーローもの」もしくはある本の言葉を借りて「凡人スーパーマンもの」の藤子・F・不二雄なりの決定版だとされています。

 『エスパー魔美』が他と一線を規するのは多くの藤子不二雄、特に藤子・F・不二雄作品の主題である「日常の中の非日常」が存在しないからでしょう。
 もちろん佐倉魔美はエスパーという異質な存在なのです。しかし、パーマンになる須羽満夫(=みつお君)とは違い"佐倉魔美が"問題に直面する事により「凡人が突然"力"を手に入れたら」という主題をより明確にしているのと、世間に対して匿名性を帯びさせる事によりその力が絶対的存在ではなく、使う事の善悪すらも本人が明確にできなくした、より「生活的な」設定だからではないでしょうか?ってゆーか私はそう思う。

 『パーマン』も旧作(1967)では世の認識度が低いという設定での話も多かったのだが新作(1971)ではアニメ化も最初から決まっていてセーブしながら描いたのか、「ヒーローだけど庶民的」という逆の発想に完全になってしまっていて、私的にはどうもイマイチ。

萌え漫画の起源2011年04月10日 21:29

 今日はダラダラと漫画を読んでいた。

 良い漫画とは「読んでいるとき面白い漫画」だと思う。どうも違う評論をたまに見る。先に書くと、著作権を侵害したり、人を誹謗中傷したりするものは「漫画として」良いか悪いかを考える以前の問題なので、ここでは触れない。

 前に医師関係の漫画の評論にこんなことが書いてあった。「今までタブーだったことを云々」。これは物語を発信する人物に対する評価であって、決して漫画の評価ではない。いくら崇高な使命の元つくられた物語でも、読んで面白くなければ駄作である。
 イイワケがましく書くと、だからこんな本は価値がない、と言っている訳ではない。漫画の形だったからこそ、初めてこの話題に触れてみる気になった人もいるだろう。価値はある。しかしやはり「表現方法は良くないが、物語のよさで読ませる」というものは、名作ではない。

 昔は「ナンセンス漫画」などとわざわざ呼ばなくてはならにほどに、物語に「意味」が求められた。そこに『こち亀』という、ギャグ然としないギャグ漫画が出てきた。これは当時はかなり目新しかったらしい。らしい。それを更に追求した漫画家も多いが、多くはガロなどマイナーな方面に行ってしまった。そして現在それをメジャーに振り戻したのが萌え漫画と捉えられる。

 萌え漫画が「メジャー」かどうかは難しいが、漫画好きじゃない人も単行本を書う、という意味ではメジャーと言ってよいのではないだろうか。しかも、昔からあった新聞4駒のような「あってもなくてもよい」というような漫画ではなく、メインディッシュとなりえる力を持っているという意味でも、注目すべきだろう。
 もちろん、萌え漫画事態が新しいのではなく、おまけ漫画を中心に据えてもいーんだ、と考える風潮の方が新しいのかもしれない。が、まぁ、どっちにしろこういう「読んでればとりあえず楽しい」漫画が増えたのは個人的に嬉しいもんです。

※この文章はあくまで日記です。

「市民が本当に欲しいのはパンと見世物だけ。」Juvenal"風刺詩"