brotherプリンタの黒を濃くする方法2012年03月11日 20:10

 プリンタをbrotherの『薄型インクジェットプリンター MyMio DCP-J925N』に買い換えた。さっそく印刷、…黒が薄い!黒と言うより「濃いグレー」なんじゃこりゃ!

 ネットを漁ってみると、brother製品共通の"仕様"っぽい。試しに互換インクを買ってみるが、同じ。そんな無駄遣いもしたが、別に解決策があった。プリント時に「画質」を「最高画質」にしたら黒くなった。しかもそんなに遅くはならない。あー良かった。まさか「画質」で「濃さ」が変わるとは思わず、気づくのが遅れた。

 ただし2アップ印刷をすると微妙に薄くなる。特に『新宋体』など細いフォントを使うと、灰色になる。とはいえ普通の明朝体なら我慢できる程の黒さなので、返品までせず我慢できる。買い換えるときは他社にするけど。

総集編と電子書籍2012年01月29日 18:39

 本が好きだ。特に「総集編」が好きだ。「これ一冊に全ての情報が詰まっている」という感覚が大好きだ。特に厚さ2cm以下の総集編が超大好きだ。古本屋でまったく興味の無い分野である「○○腕時計全集」みたいな本を見つけたとき、読みもしないのに一瞬買おうとしたぐらいだ。
 これが電子書籍になったらどうなるのだろう?電子書籍には「厚さ」という概念が無い。特定の頁にジャンプできる機能があるので、総集編を作りたければどんどん詰め込めば良い。「これだけ」という概念も薄くなる。結果、貴重感が薄くなる気がする。
 馴染みがないだけかなぁ?

光速の限界2011年12月04日 19:51

 光は1秒間に地球を7週半する。逆数を取って、光は地球1周に1/7.5秒間かかる。つまり、地球半周に1/15秒間、地球1/4周に1/30秒間ということになる。
 ということは、光で同期を取って30fpsでゲームをするには、地球1/4周以下でないとけいないということになる。地球の裏側と30fpsで同期を取ってゲームができないのである。
 光速って意外と遅い。

スマートフォンのタブキー2011年11月27日 16:15

 親が携帯電話を買い換えた。ついでに自分も物色した。W-ZERO3では限界を感じているからだ。狙うはフルキーボードのスマートフォン。
 しかし、どのスマートフォンもフルキーボードをうたっていても、タブキーがない。自分はW-ZERO3で持っている本の一覧などをつけていおり、タブが必須である。最近はタブなんて使わないのだろうか?Googleでも「タブ」で検索するとブラウザのタブばっかり出るし。
 壊れるまでW-ZERO3を使おう。

スマートフォンの操作性2011年11月20日 17:09

 ゲーム機やスマートフォンの操作を見ていると、どうしても違和感を感じることがある。繊細さに欠ける親指で操作することへの違和感だ。
 そもそも親指はそれ以外の4本の指と対になることで「支える」事が主な機能だったと思う。それが現代になって、たまたま上向きになるというだけで、親指で各種操作をするようになった。今となっては皆疑問も持たずに親指操作をしているが、本来細かい操作には不向きな持ち方なのではないだろうか?
 今後の子供は人差し指より親指の方が器用になったりするのだろうか。視力は悪いが動体視力は優れているような。

ハムフェア2011とUSB2011年08月28日 21:50

 ハムフェアことアマチュア無線フェスティバル2011に行って来た。アマチュア無線には興味がなく、主にパソコン関係のジャンク品を漁りに行っている。1994年から連続で行っているので、18年連続か。

 18年間通って思うことは、最近パソコンに「ジャンク品」がなくなったという事だ。動作保障をしないという意味でのジャンク品はまだあるが、ニッチでアドホックな周辺機器がなくなった気がする。
 それはどうもUSBが普及したせいじゃないかと思う。昔はパラレルポートにSCSIを繋いだり、同じくパラレルポートにPADを繋ぐDDP(DirectPadPro)などの魅力的な品々があった。しかし最近はUBS+Windows用ドライバですべて済む。

 それ以外の規格も統一されてきて、品の違いは品質の違いだけになってきている気がする。最近周辺機器を買うときはスペックと値段との相談しかない。便利ではあるが、少々寂しい気がする。
 メモリも外部記憶装置も破格の安さの現在においては「大容量のもんを買えばいいじゃん」で済んでしまう。昔のようなSIMM2枚をDIMM化する、本当に動くのか?ってな品が好きだったのだが…。

「未来を予言する一番よい方法は、未来を作りだす事である。」Alan Kay